先輩社員の声

どんどん好きになるテキスタイルの世界!

テキスタイルの世界は本当に奥が深く、まだ入社して間もないため専門のパソコン操作や専門用語など覚えなくてはいけないこともたくさん。
でも自分なりのアイデアを活かしながらシミュレーションし、デザインを考え、実際に生地になったものを手にすると、喜びが自然にこみ上げてきます。
また、お店で先輩方が企画したダイショーのテキスタイルが洋服となって販売されているのを見ると、このテキスタイルだからこそ、こういうステキなデザインの服になるんだ!と感激するとともに、いつか自分が企画したものも!とやる気がわいてきます。
仕事なので大変なこともありますが、今は毎日がワクワクすることの連続。どんどんテキスタイルのことが好きになっている自分がいます!

間塚 有香

Yuka Mazuka

2016年入社 企画

服飾科のある高校を卒業後、名古屋にあるファッション系の専門学校に入学。
デザイナー志望だったものの、学生時代にコンテスト出場にあたり生地デザインを経験し、
その面白さに目覚めてこの世界へ。

もっと経験を積んで、ステップアップしていきたい

今は来シーズンの春夏に向けた発注を受け、先輩や営業の方にアドバイスをいただきながら、自信を持って提案できる生地をつくれるように頑張っています。
デザインを考えるのは楽しいですが、まだ経験が浅いので頭ではわかっていてもなかなか思い通りにいかないことが。デザイナーは先を見越してトレンド予測をしていくことも大切なので、普段から海外雑誌や自分とは違う世代の様々な雑誌を見たり、SNSなどをチェックして、もっと視野を広げられるように意識をしています。
また、生地の実際の生産は機屋さんにお願いするのですが、機屋さんにもそれぞれ個性や特徴があるので、それを理解したうえで、どの機屋さんにお願いするかを考えるのも私たちの仕事。機屋さんとの関係づくりもこれからもっとしていかなくては、と思っています。
最近では営業と一緒に東京へ行き、お客様の商談に同席させてもらうことも。初めて憧れブランドのビルに入るときは嬉しすぎてドキドキしてしまいました(笑)。商談で実際にお客様の声を聞くことはとても勉強になりますし、刺激にもなりますね。

間塚 有香

新しい仲間へのメッセージ

新人にもどんどん仕事をまかせてもらえる環境です!

就活中に初めて会社訪問したとき、会社の雰囲気がとてもオープンで自由なのを感じ、ここならきっと自分が好きなものがつくれる!そう思いました。実際に入社してみると、本当に自由(笑)。先輩たちものびのびと仕事をされているし、とてもクリエイティブな空気に満ちていました。
ただ最初は、自由に好きなようにやってみなよ!と言われてどうしたらいいんだろう?というとまどいも。でも先輩方はみなさんとても親切で、親身になって話を聞いてくださるので、不安もすぐに払拭することができました。
ここでは、新人の私にもどんどん実践的な仕事をさせてくれるので、日々成長感や手ごたえを感じながら仕事ができる、とてもありがたい環境だな、と思います。それにダイショーはやりたいことがやれる会社なので、目的が明確な人にはとても仕事がしやすい会社なのでは、と思います。