宮元

ファッション造形学科でファッションについて広く学び、
デザイナー志望だったが、デニムを使った服づくりをする中でテキスタイルに魅せられ、この仕事を選択。

宮元

生地づくりはクリエイティブな仕事

初めて会社訪問した時、すごく社内の雰囲気が自由なのがいいなと感じました。営業職でもスーツ着用ではなく、仕事の中で自分のファッションが楽しめるのも魅力でした。
その際にダイショーのテキスタイルの服が掲載されたファッション誌を担当者の方が見せてくれて、「僕たちは0から1をつくる会社。提案したものが世に出ていくクリエイティブな仕事です」との説明を受け、すごくワクワクした気持ちになったのを覚えています。

テキスタイルについては、大学時代から触れる機会はありましたが、実際に入社してみると驚くことの連続でした。というのも、テキスタイルがまったく0の状態から最終的に人が着られる状態になるまでに、これほど多くのプロセスを経ているということを初めて経験したからです。
また、学生時代から着ていた服の中に弊社のテキスタイルがあると知り、自分が好きなブランドに近づける第一歩を、ここで踏み出せることに喜びを感じました。

宮元

数多くのブランドに採用されるのが目標

2年目の今は、まだ知識や経験が足りない部分もあり、お客様との商談時はプレッシャーを感じることもあります。専門用語や業界ならではの言葉のニュアンスを汲み取ったうえで提案をしなくてはならないからです。わからないことはまず自分で考え、最善の対応が出来ない時には先輩に相談します。先輩からのアドバイスで視野が広がり、解決策が見いだせる様に勤めます。
いっぽうで、最近ではやりがいを感じることも増えてきました。自分が提案した商品が服になった時は、いちばんやりがいを実感しました。また、学生時代から憧れだったブランドに自分発信で上司と商談にこぎつけた時は、この仕事について本当によかったと思いました。好きなブランドや憧れのブランドとのお仕事は、提案にもいっそう力が入ります。

目下の目標は、お客様にも会社にもひとりの営業として認められ、会社の売上にきちんと貢献できるようになること。そして、自分が手がけた仕事がたくさんのコレクションブランドに採用してもらえるように、さらに頑張りたいと思っています。

新しい仲間へのメッセージ

長いスパーンでものづくりに携われるのが醍醐味

自分がいいと思った企画が、一つのブランドだけでなく、いくつものブランドにも採用されることがあるなど、製品化される手前の生地には大きな可能性があると思います。また、長いスパーンでものづくりに携われることもこの仕事の醍醐味のひとつですね。
大学ではデザイナーを目指していましたが、今はこの仕事に就いて本当によかったと思っています。
テキスタイルの営業を通して、憧れのデザイナーさんとご商談できることや、そのブランドのものづくりに参加しているという喜びもあります。ファッションと物づくりに興味がある人は、ぜひこの仕事を選択肢のひとつに入れてください。